商品検索   AND OR
買物カゴの中を見るサイトマップ

ホーム > ヘルプ > アクセサリーの歴史

送料キャンペーン実施中。1500円以上のお買上で日本全国どこでも送料無料♪

指輪を装着する意味

カテゴリー: アクセサリーの歴史

指輪を装着する指についての指輪の意味や、指輪の装着する意味などは色々諸説ありますが一般的なものをご紹介させて頂きますので、参考にしてください。

左手

小指・・・すてきな出会いを求めている人、恋人との仲をたいせつにしたい人はピンキーリングを左手にすることをお奨めめします。

薬指・・・心臓に一番近い指輪として古来より信じられてきた指。恋人との愛の絆をより一層深め、愛する人との絆をいっそう深めたい人。結婚指輪もこの指にします。

中指・・・周囲の人と気持ちを通じ合いわかりあいたい人。

人差し指・・・迷いが消え、積極的になりたい人。何か新しいことを始めようと思っている人はこの指に指輪をするといいといわれています。

親指・・・考えや信念を貫きたい人。この指に指輪をつけると、目標に向かって着実に前進することを助けてくれると言われています。


右手

小指・・・表現力が豊かになり、さりげなく自分をアピールしたい人。

薬指・・・心を穏やかにしたい人

中指・・・嫌な事から身を守り、魔よけの意味もあります。理性的に物事をスムーズに進めてくれるとも言われています。

人差し指・・・集中力を高め仕事や勉強をスムーズにはかどらせたい人。ひらめきや直観力を高め、行動に移すことができるとされています。

親指・・・困難を克服したい人。自身をもって前進あるのみ!


サイトマップお問い合せ法規に基づく表記お買い物ガイドプライバシー保護について