商品検索   AND OR
買物カゴの中を見るサイトマップ

ホーム > ヘルプ > インディアンジュエリー用語

送料キャンペーン実施中。1500円以上のお買上で日本全国どこでも送料無料♪

インディアンジュエリー用語

インディアンジュエリーとは

ネイティブアメリカンジュエリー。ひとつひとつに奥深い意味やメッセージがこめられていて、デザイン性だけでなく独特の製作技法、伝説など魅力深いインディアンジュエリーです。

ホピ族とは(Hopi)

平和の民という意味をもつ。動物、植物、空、水などの自然への崇拝心がとても強い農耕民族でシルバープレートを重ねてつくる‘オーバーレイ‘という技法を得意とする。有名なモチーフはサンフェイス、シャラコチカリーナ、タートル、イーグル、ウォーターウエーブ、ベア、ココペリ、ヴィレッジ、スネーク、スコーピオン、リザード、コーンなどがあります。

ズニ族とは(Zuni)

ニューメキシコに住むプエブロ(定住型農耕民族)でかたどりしたシルバーにターコイズやサンゴやオニキスなどの多種の石を使う‘インレイ‘と呼ばれる技法をもちカラフルな作品が多い。
主な技法としてニードルポイント、クラスター、チャンネルインレイなどがある。モチーフとしてはサンフェイス、サンフラワー、サンダーバード、ハミングバード、ナイフウイングダンサー、アパッチクラウンダンサーなどがある。

ナバホ族とは(Navajo)

・アリゾナ、ニューメキシコ、コロラド、ユタ4州にまたがり移動型狩猟民族で最大の人口を誇る。シルバー細工を最も早く始め大胆な石使いを多用しサンドキャスト、ワイヤーワーク、スタンプワークなどの伝統的な技法を持つ。

サントドミンゴ族とは(Santdomingo)

ニューメキシコ州のサンタフェ付近に住むプエブロ(定住型農耕民族)シルバーでなく、‘ヒーシー‘とよばれるいくつもの石や貝の細工を得意とする。



サイトマップお問い合せ法規に基づく表記お買い物ガイドプライバシー保護について