商品検索   AND OR
買物カゴの中を見るサイトマップ

ホーム > ヘルプ > アクセサリーの歴史

送料キャンペーン実施中。1500円以上のお買上で日本全国どこでも送料無料♪

結婚指輪はなぜ左の薬指に?

カテゴリー: アクセサリーの歴史

大昔は、指輪は親指にはめていたそうです。

それがいつの頃からか、結婚指輪を左の薬指に装着することが定着してきました。

なぜ結婚指輪を左薬指にはめるかというのは、諸説いろいろあります。

その中でも一番有名なのが、薬指の血管は、心臓と直結していて、一番大切な指を守るため、愛をはぐくむ心臓からまっすぐ薬指に向かって伸びている血管をつなぐものとして、ギリシャ人は伝えてきました。

私が思うのは、左の薬指はあまり使わない指なので、他のものとの接触がないため、指輪が傷つかないためではないかと思います。

薬指は、創造を意味する指とも言われ、結婚は、これからの新しい生活を創造し築いていくと言う意味合いでも薬指にはめるのではないでしょうか。


サイトマップお問い合せ法規に基づく表記お買い物ガイドプライバシー保護について